Categories
Uncategorized

主要な消費者金融でおすすめは?各業者の特徴を比較してみた

お金に困った際に手軽に借り入れできる消費者金融は幅広い年代が利用しています。ところで数ある消費者金融でもおすすめの業者はどこか、各特長で比較しながら詳しく見ていきます。これから初めて利用する人は参考にしてみてください。

1.金利で比較してみる

消費者金融の比較ポイントで見逃せないのは金利です。低金利であれば返済時の利息支払いが少なくなり、返済総額も減らせるからです。金利を比較する際に注意すべきことは上限金利と下限金利のある点です例えばSBMCモビットは3.0~18.0%で、個々のケースで適用される金利は違ってきます。

ただし初めて借り入れする場合には、基本上限金利の方が適用されると思ってください。つまりモビットで初回借入する場合には18.0%の方です。主要な消費者金融を見てみると、プロミスは上限金利17.8%です。ほかの消費者金融は18.0%ですから、初回借入時は若干プロミスの方が有利です。

・無金利期間も比較する

大手消費者金融の中には、無金利サービスを実施しているところも見られます。初回限定で一定期間金利がかかりません。この場合もプロミスがおすすめです。アコムなどほかの消費者金融では、契約日の翌日から30日間無利息です。プロミスは初めての借り入れの翌日から30日間となります。借入前に契約だけしておこうと思っている人にはプロミスが有利です。

もし借入額5万円以内であれば、レイクもおすすめです。レイクの場合初回30日間無利息ですが、5万円以内の借り入れなら180日間無利息になります。これだけの長期間無利息なら、元金だけの返済で済むでしょう。

2.審査時間で比較する

消費者金融のメリットとして、申し込みから融資までがスピーディな点です。審査時間で比較すると、どこも条件はほぼ一緒です。主要な消費者金融を見ると、最短30分で結果を解凍してくれます。口コミサイトを見てみると、どこも大体申し込んでから1時間後に審査回答が来たという意見が多いです。

・在籍確認のないカードローン

モビットではWeb完結申し込みというサービスを実施しています。通常審査で在籍確認といって、職場に在籍しているか電話がかかってきます。しかしWeb完結を利用すれば、在籍確認の電話がないです。職場に電話をかけられると困るという人にはおすすめです。ただしWeb完結を利用するなら、三井住友銀行もしくは三菱UFJ銀行に口座のあることが条件なので注意しましょう。

3.まとめ

消費者金融を比較する際には借入だけでなく、返済時の負担がどうかも検討すべきです。できれば少しでも金利の低いところに申し込めば、後々の返済負担も軽減できます。