Categories
Uncategorized

消費者金融でお金を借りられない…どんな人が該当する?

消費者金融でお金を借りるためには、審査を通過する必要があります。中には審査通過しない人もいますが、いくつか主要な理由があります。また審査通過した後でもいくつかの事情でお金を借りられなくなるケースもありますので、以下でまとめました。

1.審査に落ちる

消費者金融の審査に通らないと、お金を借りられません。審査落ちしてしまう理由として多いのは、収入が十分でないケースです。やはり借りたお金を返済するためには稼ぎが必要です。また安定・継続的な収入を得ているかどうかも重要なポイントです。

ほかにも消費者金融は総量規制という規則の下で、融資を行っています。これはその人の年収の1/3を超えて貸し付けてはいけないというものです。もし年収200万円の人が100万円借り入れで申し込んだら、総量規制に引っかかってしまいます。

・信用情報に問題がある

皆さんのカードやローンの利用状況は信用情報機関で管理しています。もし過去に滞納があった、債務整理を行うと事故情報が登録されます。事故情報など問題があると、審査は引っかかってしまいます。

2.審査通過後も借入できない場合も

消費者金融に申し込んで審査通過すると、一定の借入限度額が設けられます。その枠内であれば、基本いつでも借り入れや返済ができます。ただし限度額いっぱいまで借り入れして、さらに追加の借り入れは認められません。いったん返済して、枠に余裕を作ってから再度借り入れないといけません。

・滞納するとお金を借りられない場合も

消費者金融でお金を借りると約定返済といって、決まった期日までに決まった額を支払わないといけません。もしこの約束を守らずに滞納扱いにされると、たとえ借入限度額に余裕があっても借り入れがストップしてしまいます。その結果、お金を借入できなくなるわけです。

滞納したのであれば、速やかに消費者金融のデスクなどに連絡していつまでに返済するか伝えましょう。決められた金額を返済しなければ、基本借入はずっとストップすると考えましょう。

3.まとめ

消費者金融でお金を借りるためには、審査をクリアする必要があります。そのためには仕事をして、安定した収入のあることが条件です。無職であれば当然のことながら、申し込んでもまず審査に落ちます。まずは仕事を見つけて、お金を稼げる環境を作りましょう。また滞納してもお金を借りられなくなります。決められた期日までにお金を返すように心がけましょう。